TOP
医院紹介
スタッフ
インプラント治療
歯科用CTセンター
ミニ・インプラントとは
コラム
リンク集
リクルート
Mail












a



  


院長:松賀 正考(まつが まさたか)

1949年生まれの水瓶座。

1977年 大阪大学歯学部卒業。
 徳島大学矯正歯科講座助手、
 三菱名古屋病院勤務を経て、

1982年に現在地で開業。

 本年、開院満35年を迎える。

歯周病対策の長期的管理、最新のデジタル技術を応用した インプラント治療、欧米の技工会社と連携し審美性を重視したオール・セラミック修復、 マイクロ・インプラント技術(MIA)を応用した効率的な矯正治療、身体への 侵襲やストレスの少ないレーザー治療、などの問題に重点的に取り組んでいます。

市立明石幼稚園の園医として、子供たちのお口の健康管理にも関わっています。(最近の状況はこちら
また、過去十年近く、兵庫県歯科医師会の調査室担当理事、情報調査室長 として、県歯科医師会のネットワークの充実を目指してきました。

趣味はデジタル&ネットワークの世界でのお遊びとテニス。
歯科医師会テニス同好会のメンバーとして、また時折、家族でサンデー・テニスを楽しんでいます。
15年近く前の1993年秋、経済が急発展する前の上海に親睦テニス遠征ツアーに参加した珍経験も。

診療所開設の年に生まれた長男は、院長の母校阪大歯学部を卒業後、現在、歯学部附属病院 『口腔総合診療部』にて、最新のインプラント技術を含む総合的な臨床の研鑽を続けています。

この長男が歯学部に入学した2001年の秋、人生の一区切りと思って出かけたニューヨークで、あの世界同時多発テロ事件で WTCビルが崩壊する場面を間近に見るという経験をしてしまいました (当時、現地で撮影したビデオ動画ページはこちら。)

神戸女学院の福祉コースで学んでいた長女は、コンピュータとグラフィックの遊び好きが嵩じてか、神戸市内のIT関係 企業でお勤めすることになり、学生時代から引き続き、このHP作成の重要な戦力です。

当院にて副院長を勤めていただいていた森下二郎先生は、今春退職され、地元姫路市にて 森下歯科クリニックを開設。
長年にわたる豊富な臨床経験と最新の診療技術を出身地の地域医療に活かすべく、日夜奮闘中です。
森下先生には、引き続き、インプラント診療等でネットワークを組み、当院設置の『インプラントCT画像センター』 の活用等、協力連携体制を続けています。

歳月の流れる早さをあらためて感じるこの頃です。

                               
口腔外科担当:松本 理基(まつもと りき)

1962年生まれ。明石市魚住出身。
白陵高校を卒業後、平成元年 大阪大学歯学部卒業。

阪大歯学部第二口腔外科に入局。
豊中市民病院、新千里病院、JGH Dental Clinic(Singapore)、 明和病院 歯科口腔外科、等を歴任。

日本口腔外科学会 認定医

               
提携専門技工士:山口 勝也(やまぐち かつや)

1967年生まれ。加古川市出身。
昭和63年 大阪大学歯学部附属歯科技工士学校卒業。
さらに平成元年 同附属病院研修科終了。

平成元年 松賀歯科医院 勤務。
平成4年 山口デンタルラボ 設立。

インプラント(ScrewVent、ITI、POI、Endopore 等)補綴、
オールセラミック、矯正関連技工等を中心に実践的研究
を続けている。