TOP
医院紹介
スタッフ
インプラント治療
歯科用CTセンター
ミニ・インプラントとは
コラム
リンク集
リクルート
Mail













    介護予防教室での講演
     
                (2007年10月18日)
 院長は地元の地域の介護支援センター会議に歯科医師会からの地域代表として参加し地域の高齢者の 方々の介護支援について、医師会、薬剤師会、行政の各担当部門の方々とともに協議運営に関わっています。
 この介護支援センター会議では、地域の高齢者の方々の健康維持、自立支援のため、定期的に講演会を 開いており、『転ばぬ先の杖』シリーズとして毎回、各組織からの講師による健康教室を開催しています。
 10月の今回は地元の老人福祉センター『明石市高齢者ふれあいの里』で開かれ、院長が歯科医師会からの代表として <しっかり噛むための歯の健康>というタイトルで1時間ほどの講演を担当しました。
 社会の高齢化が急速に進行し、高齢者の方々の健康維持が重要な社会的意味を持ち始めている現在、その 健康維持のために、歯を含む口腔の健康がますます重要になってきています。
 日々の診療の中でも、十分にものを噛めない状態のお年寄りが、しっかりした治療によって咀嚼機能を 回復された後、見違えるように元気になられる様子に驚くことがよくあります。



    -- 講演に使った歯周病関連資料 --



     -- 講演に参加された地域の方々 --

 そんな経験から講演はまず「歯の多いお年寄りは活動的である」ということ、そして 「自分の歯で噛める人は寝たきりになりにくい」というお話から始めました。
 そして、成年期からの歯の喪失原因の多くを占める<歯周病>について、その原因、特徴、進行の仕方、 をお話し、さらに、その予防とお口の健康のためのメインテナンスの重要性をお話しました。
 最後に、それでも失ってしまった歯の機能を回復するための治療法をお話し、最新の治療技術である インプラントにまで触れて、約1時間の講演を終わりました。
    

    -- 高齢者と歯の健康についての資料 --

<<過去に執筆した記事>>

『ドイツ・インプラント学会と専門医認定試験』      ('07年)
『阪大歯学部第54期卒業式に参加して』      ('07年)
『インプラント臨床セミナーに参加して』      ('07年)
『開院25周年を迎えて』      ('07年)
『SimPlant十周年学会に参加して』      ('06年)
『ミュンヘン国際学会と指導医認定試験』      ('06年)
『第36回日本口腔インプラント学会に参加して』      ('06年)
『紅葉の有馬にて』      ('05年)
明歯ニューズレター8月号      『2つの I T 』      ('04年)
歯科専門誌日本歯科評論12月号 <緊急レポート>NYテロ事件に遭遇して('01年)
兵庫県歯科医師会誌・歯界月報  『ニューヨークテロ事件の現場から』  ('01年)
歯科専門誌クインテッセンス7月号 県歯イントラネットの構築      ('98年)
歯科専門誌クインテッセンス6月号 歯科医にとっての組織的デジタルコミュニケーション('98年)
兵歯広報誌「歯界月報」連載     ネット時代のパソコン入門     ('97年)
日歯広報( 8/5、8/15、9/15号 )   連載コラム 歯科パソコン入門   ('96年)
明歯広報「海藤花」6号         震災復興とネットワーク社会    ('96年)
明歯広報「海藤花」4号         上海テニス見聞録          ('94年)
明歯広報「海藤花」3号         知的モータリゼーションの始まり  ('93年)