TOP
医院紹介
スタッフ
インプラント治療
歯科用CTセンター
ミニ・インプラントとは
コラム
リンク集
リクルート
Mail













ドイツ・インプラント学会と専門医認定試験 <ドイツからの現地報告>
     
                (2007年10月4日〜6日)
 DGZI (ドイツ・インプラント学会) はヨーロッパの歯科インプラント分野で もっとも長い歴史を持ち先進的な学会としてドイツ国内3,500名、世界中に10,000人以上 の会員を有しています。また、国際的に著名な各国のインプラント学会ともパートナーシップ を締結し、世界中に展開しています。この学会の本年の学術総会が10月初旬にデュッセルドルフ にて開催されました。院長は日々レベルアップし技術革新を続けるインプラント分野における ヨーロッパの最新情報の吸収するため、昨年のミュンヘン大会に引き続き、本年の大会にも参加 しました。
 院長は昨年DGZIと提携するGOIAによる認定試験に合格し 認定医資格を取得しましたが、本年、さらにハードルの高いDGZIのExpert(専門医)認定試験にもチャレンジ しました。



    -- 専門医認定試験の口頭試問 --




  -- DGZI専門医認定証 --



 --  学会会場入り口にて  --



 -- 後日送られてきた現地専門誌の紙面 --

 こちらの学会では、参加者のために、軽い食事やドリンクが用意され、昼時には、ランチ ビュッフェ(バイキング)まで振舞われます。本格的なスシメニューもあり、ドイツ人にも 大人気の様子でした。



  -- ランチビュッフェでもスシは大人気 --

 さらに学会の空き時間を利用してデュッセルドルフの市街や公園を散策しましたが、長い歴史を感じさせる 伝統的建築物や、緑と水に溢れた公園など都心であってもゆったりとした時間が流れているようで、こちらの人々の 落ち着いた暮らしぶりが感じられるようでした。



 -- 高級ブティックの並ぶ中心部で --





-- 学会会場の『Dusseldolf Hilton』前で --

 この試験は、過去に行ったインプラント治療から100症例のリストを提出し、そのうち15症例 の術前術後のレントゲンデータ等を含む資料を提出、この資料をもとに、ドイツの専門家の口頭試問 によって審査されるもので、この分野における世界的水準の資格試験になります。
 数ヶ月前から整理した各種の資料文書や各症例ごとの術前・術後のX線写真等の実際の症例資料を 基にした口頭試問がドイツインプラント学会のVollmer副会長をはじめとする3名の試験官によって 行われ、冷や汗をかきながらの緊張した時間を過ごしました。しかしながら、資料整理から始まった 数ヶ月の苦闘のお陰か午後の合格発表では、 院長も無事合格することができ、伝統あるドイツ・インプラント学会(DGZI)の認定専門医『Expert』 としての証書を授与されました。



    -- 一緒に奮闘した受験生たちと --

 この数ヶ月間準備を続けてきた最大の課題を無事クリアーでき、一緒に受験した仲間たちと祝杯を挙げた後は、 心からホッとした気分で会場のセミナーを聞き、関連企業の出展ブースを見て回るなどして、ヨーロッパでの 最新情報の吸収に努めました。



--   インプラント器材企業のブース前にて --



-- 日本企業からも最新のCTの展示ブース --

 また、夜には、学会主催の歓迎パーティが開かれ、今年のデュッセルドルフ大会では、近くの ライン川沿いの劇場を貸し切りにしたパーティが開かれ、参加者の親睦と交流を図る機会となりました。



-昨年の受験でもお世話になったDr.Semmlerらと-

 学会の後、立ち寄ったハンブルグも同じように豊かな緑と重厚な歴史的建築とが独特の街の雰囲気を作り出して おり、ここで訪問した歯科技工のマイスター日本人のセラミック=ワークのラボにも同じ空気が感じられました。 ハンブルグについては、次の記事で報告したいと思います。



 -- ケーニッヒス通りの公園で --

<<過去に執筆した記事>>

『阪大歯学部第54期卒業式に参加して』      ('07年)
『インプラント臨床セミナーに参加して』      ('07年)
『開院25周年を迎えて』      ('07年)
『SimPlant十周年学会に参加して』      ('06年)
『ミュンヘン国際学会と指導医認定試験』      ('06年)
『第36回日本口腔インプラント学会に参加して』      ('06年)
『紅葉の有馬にて』      ('05年)
明歯ニューズレター8月号      『2つの I T 』      ('04年)
歯科専門誌日本歯科評論12月号 <緊急レポート>NYテロ事件に遭遇して('01年)
歯科専門誌日本歯科評論12月号 歯科医師会等の組織におけるネット活用('01年)
兵庫県歯科医師会誌・歯界月報  『ニューヨークテロ事件の現場から』  ('01年)
歯科専門誌クインテッセンス7月号 県歯イントラネットの構築      ('98年)
歯科専門誌クインテッセンス6月号 歯科医にとっての組織的デジタルコミュニケーション('98年)
兵歯広報誌「歯界月報」連載     ネット時代のパソコン入門     ('97年)
日歯広報( 8/5、8/15、9/15号 )   連載コラム 歯科パソコン入門   ('96年)
明歯広報「海藤花」6号         震災復興とネットワーク社会    ('96年)
明歯広報「海藤花」4号         上海テニス見聞録          ('94年)
明歯広報「海藤花」3号         知的モータリゼーションの始まり  ('93年)