TOP
医院紹介
スタッフ
インプラント治療
歯科用CTセンター
ミニ・インプラントとは
コラム
リンク集
リクルート
Mail













ミュンヘン国際学会と指導医認定試験 <ドイツからの現地報告>
     
                (2006年10月12日〜14日)
 GOIA (国際口腔インプラント学会) の本年の大会は、ミュンヘン の都心にある Drint Sofitel ホテルにおいて10月13日・14日、地元ドイツの DGZI(ドイツインプラント学会)との共催で、AAID(全米インプラント学会)からも 代表が参加する形で開催されました。
 この総会に先立ち、GOIAによる指導医( Senior Expert )認定試験が行われ、院長もこの 試験にチャレンジしました。
 インプラント分野の広範な専門知識と実際的臨床の知識を対象にした筆記試験、 および事前に提出された術前術後のX線写真等の実際の症例資料を基にした口頭試問が 行われ、ドイツインプラント学会の認定委員会委員長、副委員長でもあるDr. Semmler、Dr. Dielert らを相手に緊張した時間を過ごしました。

 

    -- 指導医認定試験の口頭試問 --





    -- カールス門近くのカールス広場 --



-- 口頭試問のアシスタントをされた教授令嬢と --



    -- 会長からの合格証書の授与 --



-- Dr.Semmler、Dr. Dielertとビア=ホール前で --



 -- 欧米各国など多くの企業の展示ブース --




 -- 会場の『Drint Sofitel ホテル』(ミュンヘン) --

 しかしながら試験の緊張から解放された後、散策に出かけた ミュンヘンの街並みは長い歴史と伝統を感じさせる多くの美しい 建造物に溢れ、ヨーロッパらしい秋日和の心地よい空気の中、 通りのオープン=カフェで飲むコクのあるドイツ=ビールの味は 格別でした。
 13日から始まった学会ではドイツを中心としたヨーロッパの最新のインプラント治療に関わる 多くの最新の研究や治療技術の紹介が続きました。
 またヨーロッパ、アメリカ、さらには日本からも出展のある機材展示会でも、世界各国の関連企業 から最新の機器と材料が幅広く展示され、大変参考になりました。
 学会最終日の合格発表ではインプラントの世界に豊富な経験と知識を持つ他の受験生とともに、 院長も無事合格することができ、『Senior Expert』として認定する証書を授与されました。



     -- 様式美が美しい旧市庁舎 --



 -- 大会挨拶をする Grafelmann GOIA 会長 --



  -- GOIA指導医(Senior Expert)の認定証書 --



   -- 再生医療で著名な名大・上田教授と --



-- 外科用器具などの豊富なラインナップの展示 --

<<過去に執筆した記事>>

『第36回日本口腔インプラント学会に参加して』      ('06年)
『紅葉の有馬にて』      ('05年)
明歯ニューズレター8月号      『2つの I T 』      ('04年)
歯科専門誌日本歯科評論12月号 <緊急レポート>NYテロ事件に遭遇して('01年)
兵庫県歯科医師会誌・歯界月報  『ニューヨークテロ事件の現場から』  ('01年)
歯科専門誌クインテッセンス7月号 県歯イントラネットの構築      ('98年)
歯科専門誌クインテッセンス6月号 歯科医にとっての組織的デジタルコミュニケーション('98年)
兵歯広報誌「歯界月報」連載     ネット時代のパソコン入門     ('97年)
日歯広報( 8/5、8/15、9/15号 )   連載コラム 歯科パソコン入門   ('96年)
明歯広報「海藤花」6号         震災復興とネットワーク社会    ('96年)
明歯広報「海藤花」4号         上海テニス見聞録          ('94年)
明歯広報「海藤花」3号         知的モータリゼーションの始まり  ('93年)