TOP
医院紹介
スタッフ
インプラント治療
歯科用CTセンター
ミニ・インプラントとは
コラム
リンク集
リクルート
Mail













兵庫歯科学院で講義  <衛生士さんの卵にデジタル教育> 
     
                (2009年 4月23日)
 現在、歯科医療の世界でもデジタル情報をフルに活用しなければならない状況になりつつあります。 診療記録であるカルテのデジタル化を始めとして、お口の中の様々な状況を検査したデータや口腔内写真、 デジタル=レントゲン、患者さんに治療のステップを分かりやすく説明するプレゼンテーション、等々、 さらには一昨年当院に導入した歯科用CTに至っては、デジタル技術のかたまりとさえ言えます。


 このような状況の中、我々の診療体制の重要な一翼を担う歯科衛生士さんの教育にも、 デジタル技術についての知識と習熟が不可欠な時代になってきています。
 兵庫県歯科医師会が運営する歯科衛生士の養成機関である兵庫歯科学院では、従来の2年制から 3年制へと教育年限が上がった最初の3年生のカリキュラムの中に、このようなデジタル処理教育が入ることになり、院長も その講師の一人として、講義を担当することになりました。



 

 院長はこれまで、主に歯科医師会等で一般にITを苦手とする年配の歯科医対象のセミナー などで講師役を勤める機会は多かったのですが、このような若い世代を相手にすると、さすがにPCや ネットが当たり前になった環境の中で育っているだけに反応が早くスイスイと覚えこんでいく 様子に世代の違いをあらてめて実感しました。
 講義を担当するにあたり、この衛生士さんの卵の世代で、PCやネットの活用がどの程度のレベル なのかを知るために、アンケート調査を実施していましたが、その結果によれば、学生さんの ほとんどがPCやネットを利用しているようでした。


 院長は講義の中で、なぜ、今歯科医療の分野において、デジタル技術が重要になってきているのか、 そのことによって、どんなメリットがあるのかについて解説した後、デジタルな情報交換システムに ついての実習を行いました。デジタル世代ともいうべき学生さん方が結構楽しそうに取り組まれる姿 を見て、本当に頼もしい思いがいたしました。
<<過去に執筆した記事>>

ドイツ・ケルンのIDS'09(国際デンタルショー)に視察出張(3.28 ’09)

イタリアのPiezosurgery 開発医 Dr.Vercellotti のセミナーに参加('09年)

パリの審美インプラント歯科医Dr.Khayatのセミナーに参加('09年)
ご挨拶 −2009年の新春を迎えて−('09年)
(社)日本口腔インプラント学会で症例発表('08年)
ドイツ・インプラント学会認定医研修会、大阪で開催('08年)
世界標準のCT分析システムの導入     ('08年)
ドイツ・インプラント学会認定医研修会で研究発表     ('08年)
西神戸地区初の『歯科用CTセンター』開設      ('08年)
2008年新春のご挨拶 『新しい風を感じて』      ('08年)
『介護予防教室での講演』      ('07年)
『ハンブルグへの小旅行』      ('07年)
『ドイツ・インプラント学会と専門医認定試験』      ('07年)
『阪大歯学部第54期卒業式に参加して』      ('07年)
『インプラント臨床セミナーに参加して』      ('07年)
『開院25周年を迎えて』      ('07年)
『SimPlant10周年記念学会に参加して』      ('06年)
『ミュンヘン国際学会と指導医認定試験』      ('06年)
『第36回日本口腔インプラント学会に参加して』      ('06年)
『紅葉の有馬にて』      ('05年)
明歯ニューズレター8月号      『2つの I T 』      ('04年)
歯科専門誌日本歯科評論12月号 <緊急レポート>NYテロ事件に遭遇して('01年)
兵庫県歯科医師会誌・歯界月報  『ニューヨークテロ事件の現場から』  ('01年)
歯科専門誌クインテッセンス7月号 県歯イントラネットの構築      ('98年)
歯科専門誌クインテッセンス6月号 歯科医にとっての組織的デジタルコミュニケーション('98年)
兵歯広報誌「歯界月報」連載     ネット時代のパソコン入門     ('97年)
日歯広報( 8/5、8/15、9/15号 )   連載コラム 歯科パソコン入門   ('96年)
明歯広報「海藤花」6号         震災復興とネットワーク社会    ('96年)
明歯広報「海藤花」4号         上海テニス見聞録          ('94年)
明歯広報「海藤花」3号         知的モータリゼーションの始まり  ('93年)